マッチングアプリ

マッチングアプリの本当のメリット・デメリット【自粛中でも出会いを増やせる】

どうもロイカミです。

ロイカミ
ロイカミ
突然ですが、マッチングアプリは使ったことありますか?

外出自粛中に異性と出会える唯一の手段と言っても過言ではないマッチングアプリですが、中には、「ネットでの出会いには抵抗がある…」「変な人が多そう…」と思って避けている方も多いと思います。

もちろん、リアルでの出会いと比べると多少のリスクはありますが、実は理想の異性を探すうえではかなり効率的でメリットが多いのも事実です。

例えば、アメリカの研究チームが2005年から2012年の間に結婚した、約2万人を対象に行った調査によると、アメリカでは1/3の夫婦がネットの出会いで結婚しており、ネットで出会った夫婦はネット以外で出会った夫婦と比べて約2%ほど離婚率も少なかったそうです。

また、シカゴ大学が2005年~2012年の間に結婚した夫婦2万人を対象とした研究によると、通常の自由恋愛で出会った夫婦と比べて、ネット上で出会ったカップルの方が結婚後の幸福度が高く、別れる確率が自由恋愛よりも25%低いという結果が出ています。

ロイカミ
ロイカミ
マッチングアプリを利用することで幸福度の高い恋愛をすることも可能なので、自粛中のこの機会に一度使ってみることをオススメします!

今回の記事では、マッチングアプリ初心者向けにマッチングアプリを利用するメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

★YouTubeで見たい方はこちら↓↓

マッチングアプリを利用する4つのメリット

まずはマッチングアプリを利用するうえでの4つのメリットを見ていきましょう。

1.複数の異性と同時進行でやりとりができる

マッチングアプリは性質上、1対複数になりやすいです。

特に、女性の場合、登録しただけなのにいいねやメッセージが大量にくることも珍しくありません。

ロイカミ
ロイカミ
複数の人と同時にやりとりしながら気に入った人を絞っていけばよいので、1対1の出会いが多いリアルと比べると好みのタイプの異性を見つけやすいです。

2.文字での会話でより親密になりやすい

相手の感情や表情がわからないため、やりとりをしていて誤解が生まれないように、細かい情報を省略せずにテキストにするので、文章の誠実さが相手に伝わりやすいです。

対面では話しづらいことや聞きづらいこともテキストなら掘り下げやすいので、お互いへの理解が深まり、距離を縮めやすいのも大きなメリットです。

また、十分に自己開示ができた状態で会うことができるので、より親密になりやすいんですね。

3.関係を切りやすい

話していくうちに好みではなかったり、仲良くするメリットを感じなくなったときに、関係を切りやすいのもネット恋愛における大きなメリットの1つです。

リアルの場合、職場や学校などの所属するコミュニティが一緒だと、関係を切りたくても切れないことが多く、面倒な人間関係に巻き込まれる可能性もありますが、マッチングアプリであればスルーかブロックをすれば良いだけなので、人間関係に悩まされることもほとんどありません。

ロイカミ
ロイカミ
気軽に始めて、気になる人とだけやりとりを続ければ良いという手軽さが魅力です。

4.女性は無料で利用できる

マッチングアプリは基本的に男性が有料(大体月3,000円前後)女性は無料で利用することができます。

利用の規約上、年齢確認は必要になりますが、スマホと身分証だけあれば今すぐにでも始められるので、実は女性の方が利用するハードルは低いです。

ロイカミ
ロイカミ
男性も月3,000円程度であれば、そこまで大きな負担ではないと思うので、試しに1か月だけでも使ってみることをオススメします。

以上がマッチングアプリを利用するうえでの4つのメリットです。

マッチングアプリを利用するうえでの3つのデメリット

続いて、マッチングアプリを利用するうえでの3つのデメリットを見ていきましょう。

1.見た目でマッチングのしやすさが決まる

当然ですが、マッチングアプリの場合、最初にいいねやメッセージをするかどうかは写真やプロフィールの内容から判断することになります。

そのため、写りの良い写真や加工アプリで盛った写真を使うのが基本です。

しかし、プロフィール写真をsnowや加工アプリで盛りすぎて、もはや別人になっている人も多く、可愛い・かっこいいと思って実際に会ったら、全然違ってガッカリ、ということも珍しくありません。

ロイカミ
ロイカミ
特に、写真の盛りすぎは女性に多いのですが、リアルで会ったときに、相手を幻滅させることになるので、過度な盛りすぎは避けるようにした方が良いと思います。

「じゃあブサイクやブスは無理なの?」と思うかもしれませんが、相手の興味を引くような写真やプロフィールを設定することでマッチング率を上げることは十分に可能です。

※顔に自信がなくてもマッチング率を上げるプロフィールの作り方↓↓

マッチングアプリでマッチング率が上がるプロフィールの作り方【顔に自信がない人向け】どうもロイカミです。 マッチングアプリに登録したけど、全然マッチングしなくて悲しい思いをしている方意外と多いのではないでしょうか?...

2.暇つぶしで利用している人がいる

女性に多いのですが、無料で利用できることもあってただの暇つぶしで話し相手が欲しくてやっている人もいます。

こういった女性はいいねやメッセージを返してはくれるものの会う気はない人がほとんどで時間の無駄なので、プロフィールに『暇つぶし』『会う気はありません』と書いてある人はスルーすることをオススメします。

3.やりもくの男性を見極める必要がある

残念ながら、男性の中にはやりもくの人も一定数います。しかし、やりもくかどうかを見極めるのは意外と簡単で、次のような2つの傾向が見られた場合はほぼほぼやりもくです。

1.序盤から下ネタを話してくる

これはかなりわかりやすいと思います。仲良くなる過程をすっ飛ばしてできるだけ早くワンチャンを成功させたいという思いから、すぐに下ネタや恋バナに繋げて会おうとしてきます。

ロイカミ
ロイカミ
自分の顔にそこそこ自信があるフツメン~イケメンに多いので、いくら顔が好みでもヤリ捨てポイされるのが目に見えているので、スルーすることをオススメします。

2.すぐに居酒屋やカラオケ、ドライブなど2人きりになれるデートに誘ってくる

下ネタや見え見えの下心は見せないものの、2人きりになれる場所で会おうとしてくる男もやりもくの可能性が高いです。

ロイカミ
ロイカミ
やりもくかどうか見極めたいときは、ランチやショッピング、水族館のようなお昼デートを提案して受け入れてくれるか試してみると判断しやすいです。

以上の3つがマッチングアプリを利用するうえでのデメリットです。

マッチングアプリは自粛中でも出会える

マッチングアプリはデメリットの対策だけ知っておけば、自粛中でも安全に出会いを増やすことができるので、男女問わず、手段の1つとして使ってみることをオススメします。

特に、恋愛経験が少ない方や話に自信がないという方にとっては、練習できる良い機会なので、本当に好きな人に出会えたときに少しでもうまくいくように今のうちに異性とのやりとりに慣れておきましょう。

※おすすめのマッチングアプリはこちらの記事でまとめています↓↓

【2020年最新】優良マッチングアプリおすすめ10選|年齢層×目的別に比較してみましたどうも、ロイカミです! 突然ですが、マッチングアプリの日本での普及率を知っていますか? 今日本では、出会いを求める20代~3...

★ロイカミ恋愛通信のYouTubeはこちら↓↓