礼典がなってないタバコ者にイラッ!いつかはたばこ破棄にやる

駅舎の席に座って電車を待っていたり、公園や停車駅の席に腰掛けているら空いている隣へ後から座りに来た人が何も言わずにサッと煙草を取り出して吸い始めたらイラッと決める。
ここは喫煙しない上に煙草の異臭がすさまじく不愉快のに、断りもなくいきなり流れてくる煙草の煙は公害以外の何物でもありません。
しかも我々が先に席を確保して座っていたにも関わらず、どうして後からきた人に無言で外圧されなければならないのか感覚に苦しみます。
タバコ者は煙草の異臭が吸わない者にとってどれほどの恐怖か分かってないのでしょうか。
いつもならこの状況になったら即座に立ち去りますが、先に座っていた自分がなんで逃げなければならないのかと理不尽に思います。
一度虫の住所が悪かったら「煙草消してください。ここは妊婦だ」と激しく言い放ってやったらあちらは「ごめんなさい」と慌てて逃げていきました。
タバコ者が煙草を楽しみたい気持ちは分かりますが、煙や異臭がどの程度の範囲まで広がっているのかを理解してほしい。
増税やタバコ範囲が狭まって掛かるタバコ者の悲しみも分かりますが、煙草はきちんと作法を守って楽しんで下さいなと思っています。脱毛石鹸はどうなの?